保湿剤について

2017年12月31日

★静岡市駿河区「いのうえ皮ふ科」の 保湿剤について のページです★

 

保湿剤はまずクリーム、ローションなどがあります。正確には「基剤」と言われ、これに様々な成分を溶かして製品の特徴が決まっています。

★クリームタイプの保湿剤(ヒルドイドソフトなど)
クリームタイプは白い色をしていて、体に塗る保湿剤に通常使われます。伸びが良く、またしっとりして保湿力も強いです。

★ローションタイプの保湿剤(ヒルドイドローションなど)

ローションはさらさらしていてぬりやすいのが特徴ですが、ベトつきが少なくなるにつれて保湿力は弱まります。

冬は乾燥が強くなるのでクリームタイプ、夏は塗りやすいローションタイプが好まれます。また顔はべとつきが気になるのでローションが好まれます。

 

最近はスプレータイプ(ビーソフテンスプレー)泡状スプレータイプ(ビーソフテン泡状スプレー)もあり、好みに合わせて処方しています。

 

 

★★お風呂上りにすぐ塗布すると効果的とのデータが「ヒルドイド」という保湿剤でありました。脱衣所で5分以内に塗布がおすすめです。★★

 

★当院では、ヒルドイド、ビーソフテンなど保険適応のある保湿剤を、患者様のご希望に沿って処方していますので、お気軽にご相談ください。

(関連項目)
アトピー性皮膚炎について(メインページ)
乾燥肌のかゆみ~皮脂欠乏性湿疹について
乳児湿疹・乳児アトピーについて
乳児湿疹の治療について