「アレルギー薬」におけるパフォーマンスの話題

2016年01月29日

じんましん花粉症に使用する「抗ヒスタミン薬」(アレルギー薬の一つ)についてのお話です。

アレルギーにはよく効くお薬ですが、抗ヒスタミン薬が脳に移行すると、脳内でのヒスタミンのはたらきをブロックして、知らないうちにパフォーマンスの低下(眠気で作業効率が下がる)が起こることがあり、これをインペアード・パフォーマンスといいます。

インペアード・パフォーマンスは、自覚しやすい「眠気」とは違って、本人が気づかないうちに生じることがあります。よって、生活全般のさまざまな場面で影響がでる可能性があります。

その影響で有名な事象が「自動車運転」です。自動車運転が不安定となって事故を起こす確率が高くなります。

また仕事や学業の作業効率が下がるというデータもあります。受験生の方は深刻ですよね。

 

ですが、抗ヒスタミン薬にもいろいろ種類があります。ゆえに、「インペアード・パフォーマンスを起こしにくいお薬を選択することも重要となってきます。

特に花粉症の場合は、花粉症状自体でも集中力が落ちパフォーマンスが下がりますので、上手に抗ヒスタミン薬を選択してパフォーマンスを低下させないことが大事です。

このパフォーマンスを心配される方は、当院でご相談ください。

 

最新の2016年の花粉状況ですが、昨年よりも花粉の飛散量は静岡市では多いようです(以前は少ないと話をしていましたが・・・、変わったようです)

じんましん花粉症は当院でご相談ください。

 

(関連項目)

慢性じんましんについて

花粉皮膚炎

花粉症の治療は早めに考えるのが良いです

アトピー性皮膚炎について