足の皮膚の状態を時々、観察してみましょう

2016年12月18日

足の皮膚の状態を観察して、気になったことがあればご相談ください。いわゆる足のフットケアは重要です。足の皮膚のトラブルは、放置すると悪化することもありますので、注意しましょう。

フットケア2

★足がガサガサした場合は・・水虫のこともあります。

★爪は変色した場合は・・爪水虫のこともあります。扁平苔癬などいろいろ鑑別疾患があります。

★できものができて痛くなった場合は・・タコウオノメがあります。

 

特に糖尿病の方人工透析を受けておられる方は足の病変に気づきにくい傾向があり、ほうっておくと重症化しやすいことも問題になります。手入れを放置すると化膿(かのう)・潰瘍(かいよう)・壊疽(えそ)につながりますので、大変、危険です。ひび割れのケアも最低限しておきますと、危険性が極めて減るので、おすすめします。

 

爪切りについては特殊な強い肥厚爪以外は行いますので、爪切りが困難な方、足腰が悪い・目が不自由などの理由でご自分では爪が切れなくて困っている方は、お気軽にお立ち寄りください。IMG_0663[1]

当院は地域に密着し、皮膚科医の立場から地域の皆さま方の足の健康向上に取り組んでいます。

院長にとっては、長くハンセン病療養所に勤務していた経験から、皮膚科の原点となる分野なので、とても大事にしている点でもあります。