掌蹠膿疱症

2015年01月01日

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる皮疹がみられる病気です。周期的に良くなったり悪くなったりを繰り返すということで、皮膚の病気の中でも難治な病気の一つです。原因は病巣感染(慢性扁桃腺炎や虫歯など体のどこかに慢性化した感染があること)や金属アレルギーが原因ともいわれていますが、なかなか原因がみつからないことも多いです。

掌蹠膿疱症は皮膚に発疹ができるだけでなく、約10%に胸骨や鎖骨の関節炎を合併することがあります。その関節炎は、難治性の耐えがたい痛みが続くことがあり、ある女優さんがかかったことで話題にもなりました。これをきっかけに広がったのがビオチン療法(ビオチンを内服で補う治療)です。ビオチンはビタミンの一種でビタミンB7(昔はビタミンH)と呼ばれる水溶性ビタミンです。実は掌蹠膿疱症はビオチンが不足していることが分かり、ビオチンを補うことによって改善することが分かっています。

ビオチン治療は投与量や同時に内服する薬、食事における生活指導などのポイントをおさえる必要があります。ですからビオチンだけを自分で購入してやっていてもあまり効果が出ません。当院ではそのあたりを詳しく説明し治療にあたっています。

また、光線機器としてエキシマライトを当院では導入しています。掌蹠膿疱症の改善に非常に有効です。この光線治療は保険で治療ができます。

私は、大阪の診療所にて難治性の掌蹠膿疱症に対してエキシマライトとビオチン治療の組み合わせで、数年間に難治性や特殊例も含めて100例以上の方の治療を経験し良好な結果をえていました。

掌蹠膿疱症は当院にてご相談ください。