みずいぼ

2014年12月23日

子供の体にぶつぶつと広がるいぼ。皮膚が薄くてバリア機能が未熟な小学校2年までの子供が多いです。直径1~数㎜までのドーム状の丘疹で表面に光沢があり真ん中が少しくぼんでいるのが特徴です。ただし、「みずいぼ」と思っていたら、普通の「イボ」や、黄色肉芽腫などの別のものだったということもありますので、一度、皮膚科専門医をご相談ください。

 水いぼの原因、感染経路は?

みずいぼの正体はウイルスです。ですから、触っているとどんどん広がりますし他人にもうつります。感染の経路は肌と肌の接触やビート板を介するので、プールの際に特にうつる機会が多いです。

 

当院での治療方針は?

さて、みずいぼですが、自然にも治ります(治り方には個人差がありますが)。ですから実は治療しなくてもよいともいえます。また、プールについてですが、日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会の見解では、「プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さい。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。」とあり、入っても構わないことになっています。

しかし現状のところ、他人にうつすことを考えて施設から治療するようお願いをされたり、今後広がる可能性や家族内感染を心配して家族から治療を希望されることも少なくありません。その一方、摘除する方法はピンセットでむしりとることになるため本人にとっては痛みを伴う治療となります。当院では十分に両親の意見を聞きながら、みずいぼの個数や発症期間、子供さんの生活環境や性格を配慮して私の方から提案をさせていただき、最終的にはご両親に治療するかどうかを決めてもらっています。気軽にご相談ください。