光線治療

2015年03月18日

光線療法は、アトピー性皮膚炎白斑乾癬掌蹠膿疱症の治療に用いられています。保険治療ができます。

(関連記事)紫外線治療Q&A

何回か当てる必要がありますので通院が必要です。週に2回で行うと効果が早く出ますが、週1回でも構いません。当院では18時15分まで診療を行ており通勤帰りなどにも活用できるので、便利に治療が可能です。

光線療法がなぜ皮膚の病気に効くのでしょうか?その機序は、大きく分けると2つあり、1つは制御型Tリンパ球の誘導による免疫抑制です。もう1つは病気の原因となる細胞にアポトーシス(apoptosis) を起こさせるためといわれています。アポトーシスとは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞死のことです。

当院では2種類の医療機器があります。

①デルマレイ-200

治療効果があるとされる311nm付近の波長を照射できるナローバンドUVB機器です。広範囲に照射が可能であり優れものです。デルマレイは、ベッドに寝て楽に照射できますので、安全に治療が可能です。

 

②セラビーム

光線治療の最も効果のあるとされる医療機器で、エキシマライトと呼ばれます。ナローバンドUVBよりさらに治療効果のある波長とされる308nmにシフトさせています。このセラビームの機器の特徴は、他のエキシマライト機器と比較すると、エキシマフィルターが搭載されており有害な波長をカットする能力に優れています。狭い範囲にしか照射できませんが、有効性に優れ、照射時間が短いことが大きな利点です。

 

疾患別にみていきます。

乾癬

乾癬は病変が広範囲のこともありデルマレイ-200で治療することも多いです。一方、膝・肘・臀部など局所的な改善を期待する場合はセラビームで治療します。ビタミンD3外用との相乗効果も期待します。

白斑

狭い範囲であればセラビームで治療しています。広範囲にはデルマレイ‐200も可能ですが、有効率や効果が出るまでの期間などの確認が必要です。

掌蹠膿疱症

手足への光線治療は、効果の面と、照射がしやすいという観点からセラビームで治療しています。掌蹠膿疱症は難治の病気であり、ビオチン治療とこのセラビームの2本立てで治療すると効果が良いです。

アトピー性皮膚炎

広範囲の湿疹病変には、ステロイド外用に加えてデルマレイ‐200を併用します。個人のニーズにあわせて、いくつか治療メニューを考えていきます。ただし、ステロイド外用に変わる治療ではありません。

当院では2種類の光線治療機器を組み合わせて、難治性の皮膚疾患の治療に取り組んでいます。是非、ご相談ください。