にきびの受診率が日本では低い

2017年04月27日

各国のにきび(尋常性ざ瘡)の受診率のデータをみていました。

フランス 58%

ドイツ  54%

イギリス 43%

アメリカ 32%

日本   19%

 

フランスでは2人に1人以上が受診しているのに対し、日本では「にきびで受診」は非常に定着していないようです。日本では「にきびは病気でない」「にきびは青春のシンボル」「にきびは保険治療ができないもの」だと思っている方が多いのかもしれません。。。

どのようにして受診率を高めるのかは、日本全体の皮膚科医療の課題かもしれません。

当院では保険治療にてにきびの方も多く受診されていますので、お気軽にご相談ください。

(関連コラム)

当院のにきび治療について紹介します。

にきびの新薬~過酸化ベンゾイルについて

にきびなどの顔症状を診察される方へ~化粧は落としてください