いろいろな皮膚の病気③~口囲皮膚炎、酒さ様皮膚炎

2016年11月27日

いろいろな皮膚の病気 第3弾です。

顔の皮膚炎のトラブルは当院では非常に多くなっています。今回はその話題のコラムです。。

もちろん、そのほとんどが湿疹群(アトピー性皮膚炎花粉皮膚炎接触皮膚炎(かぶれ)脂漏性皮膚炎)です。

ですが・・・やっかいなのが、口囲皮膚炎です。他の皮膚科で治らないというケースで当院に来院されるパターンが多いです。。口の周りにブツブツ発疹ができます。しゅさ 2

どうしてやっかいか・・・ステロイド外用の長期連用で起こりうるからです。。。なので、非常に他院での治療歴の問診が重要になってきます。皮膚科は問診が非常に時間がかかりますが、当院ではスタッフが一生懸命に問診をとってくれるので、私は診察しやすく助かっています。。。。

誤解を受けやすいので書いておきますが、口囲皮膚炎はステロイド外用だけが原因でなく、毛穴のつまりなども原因で化粧関係も多いです。ということで女性に多いのもうなづけますね。。

治療はのみぐすりを中心に行います。思い当たる方は当院にご相談ください。

似たものとしては「にきびダニ」による病変などもあります。これもやっかいですが。。またあらためて記事を今度、書きます。

マラセチア毛包炎」も大事なところですが・・これも別の機会に書きたいです(お待ちください)

 

そして次に・・「しゅさ様皮膚炎」。。これもステロイド外用している方が多いです(プロトピックというアトピーの薬でもなります)

これもいろいろ皮膚科をまわって当院に来るパターンが多いです。。しゅさ 1

ブツブツだけでなく赤くなるので・・ますます塗ってしまって治らないツボにはまることが多いです。(写真が見にくくてすみません)

赤くなるのは「湿疹」でなく「血管拡張」なんですね。ダーモスコピー使って慎重に診断することが必要になります。「血管拡張」の形態と、「丘疹」の状態が重要で毛穴の一致具合などいろいろみるべきポイントがあります。それによって、「アレルギー性接触皮膚炎」と「脂漏性皮膚炎」を鑑別していきます。

 

 

ということで、たかが顔のトラブルですが、忙しくても慎重に診察するようにしています。結構、神経を使うところでありますね。。。最初は湿疹で・・徐々に変化することもありますので、当院・他院にかかわらず、治らない場合はむやみに治療を続けず、「何か他に理由がある」と思って早めに受診をしてください。

 

(いろいろな皮膚の病気シリーズ)

いろいろな皮膚の病気①~ジベル薔薇色粃糠疹

いろいろな皮膚の病気②~皮膚線維腫

いろいろな皮膚の病気④~痒疹

いろいろな皮膚の病気⑤~汗疱状湿疹

 

(関連お知らせ)

にきびなど顔症状を診察希望される方へ~化粧は落として受診ください