★当院のアトピー性皮膚炎の診療について★(2月16日更新)

2019年02月16日

★静岡市駿河区「いのうえ皮ふ科」の「アトピー性皮膚炎」のページです★

駿河区の方、静岡市の方、静岡県内の方 どうぞご相談ください。

アトピー性皮膚炎の診療に対する院長の思い

今まで私は軽症~重症型まで幅広い患者様をたくさん診察してきました。ステロイドが怖くて使えなくて体がただれた人や、痒みや見た目で精神的に悩んでいる方をたくさん診察してきました。私は患者様の気持ちの寄り添って、より患者様の近いところで診察をしたいと思い、この静岡市にて皮膚科クリニックを開業しました。当院はアトピー性皮膚炎の治療を含めた診療に全力で取り組んでいきます。

乳幼児から成人のアトピー性皮膚炎の方まで、患者さん一人一人の生活環境や皮膚の症状、検査などに合わせたオーダーメイド治療を行っています。アトピー性皮膚炎に継続的に悩まされている方はどうぞ当院にご相談ください。

当院の指針~オーダーメイド治療について

当院では性能の良いキャビン型紫外線治療機器を導入しており、外用剤だけではなかなかコントロールの難しい難治性のアトピー性皮膚炎の治療に活躍しています。是非、ご相談ください。   

 → 紫外線治療 を参照ください。

 

 

 

アトピーQ&A

アトピー性皮膚炎についてQ&A形式でまとめました。アトピー性皮膚炎のよくある質問をまとめましたのでご参考ください。

Q.アトピーかどうか検査で分かりますか?

検査では分かりません。症状から診断します。

 アトピー性皮膚炎の診断基準

   ①痒みがあること

   ②特徴的な皮疹と分布

   ③慢性・反復性の経過

     (乳児では2か月、それ以外では6か月以上症状が続く)

Q.湿疹ができている原因は何ですか?

アトピー性皮膚炎の原因について

 

Q.アトピーの合併症を教えてください。

アトピー性皮膚炎の合併症について

 

Q.外用で治るのですか? 治療方針を教えてください。

当院のアトピー性皮膚炎の治療方針について(★プロアクティブ療法について★)

当院ではアトピーに一生懸命、取り組んでいます。

 

外用剤について

●当院では、オーダーメイドの治療を行っていますが、ステロイド外用剤プロトピック外用保湿剤を推奨しております。

★ 外用剤 Q&A 

ステロイド外用剤について教えてください。(作成中)

ステロイド外用剤の副作用について教えてください。

ステロイド外用剤の塗り方について教えてください。

プロトピック軟膏について教えてください。(作成中)

保湿剤について教えてください。

 

抗ヒスタミン薬について

当院では、抗ヒスタミン薬を使用しております。

①痒みを抑えます。

②全体の炎症症状を抑えます。インバース・アゴニストの理論から症状がおさまっても、しばらく内服継続をすすめています。

★ 抗ヒスタミン薬インフォメーション 

抗ヒスタミン薬にはいろいろあります。

①眠気や仕事の効率を落とさない(インペアードパフォーマンスを向上させた)薬

②1日1回内服で効果のある薬

③食事の影響を受けにくい薬

最近は上記3点を重視した薬が好まれています。効果の素早さ効果の持続性など、内服薬によって特徴ありますので、効果が薄いと思っても、他の内服薬に切り替えて試してみるのも良いと思います。いろいろご相談ください。

(関連記事)

抗ヒスタミン薬におけるインペアードパフォーマンスについて

 

 

デュピクセントについて

アトピー性皮膚炎の注射薬です。既存の治療で効果が不十分な中等症~重症の成人アトピー性皮膚炎患者に使用します。15歳以上の方が適応です。

アトピー性皮膚炎は、Th2細胞から分泌されるIL-4、IL-5、IL-13、IL-31などのサイトカインによって、皮膚の炎症や痒み・バリア機能の破壊を引き起こし、その結果として発症すると考えられています。デュピクセントはIL-4、IL-13というサイトカインの働きを直接抑えることで、Th2細胞による炎症を抑制する新しいタイプの薬となります。

初回開始日のみ2本を皮下注射します。その後は2週間に1回1本を皮下注射します。

保険適応ですが、3割負担の方の負担金 初月のみ(月に3本注射)73500円程度、それ以降(月に2本注射)49000円程度かかります。

当院では現在、行っていませんが、希望の方は基幹病院に診療情報提供を行いますので、是非ご相談ください。

 

 

★アトピー性皮膚炎関連項目

アトピー診療ガイドライン2016

乳児アトピーについて

痒疹